【新着記事】志望動機が思いつかない人へ究極アドバイス

【就活・転職】面接の逆質問は「面接官の体験を聞く」が最大のコツ!

anatanituite_oshietekudasai 回答例

逆質問のコツを面接官が書く

この記事では、就活や転職の面接では「逆質問」とも呼ばれるあの「最後に何か質問は?」の攻略方法を紹介する。

本気で面接を突破したい人の為に、大手インフラで現役面接官をつとめる管理人が、面接官目線で考えた記事だ。

逆質問は回答次第でプラス・マイナスどちらにもなる

up_down

逆質問には、プラス評価になる質問・マイナス評価になる質問、どちらも存在する。

その為、本記事はプラス・マイナス両ケースを解説する。

貴方の得意なキラー質問が実はマイナス評価になる物だったりしないか?もチェックしてみて欲しい。

「面接官自身の体験」を聞けばうまくいく

gyakutenmensetsu_fabicon

超簡単で超効果的な返しは面接官自身の体験を聞く事だ。体験の中身は成功、失敗、感動、挽回等あなたが気になる事で大丈夫だ。

面接官自身の体験を聞く理由

会話を発展させ易い

hanashisugi

この「面接官自身の体験を聞く」には、まず「会話下手でも会話が発展し易い(更問し易い)」という大きなメリットがある。

更に、コミュニケーション能力が高い等のプラス評価も獲得し易いというメリットもある。

面接官には面接とは別の本業があり、その本業で様々な体験(苦労、感動、工夫)をしているので、ネタも沢山あり、面接官が更問に答え易い(=会話のキャッチボールが続く)のだ。

回答がきたら、工夫した点や成長に繋がった点等を深堀りしていくと発展し、会話のキャッチボールを続ける事ができ、マイナス評価のリスクもない。

逆に、本業を無視した質問にはリスクがある。

例えば、「開発屋の面接官に営業の醍醐味を聞く」等だ。

自分の体験以外を聞かれても、面接官は答えにくいし、回答が得られても役にたたない内容だったり、プラス評価を貰う事も難しい。

独自ネタに使える

pride

更に、得られた回答は、次の面接で「前回~さんとの面接で、~という質問に~と回答頂き~と考えた。そして結果志望度が高まった」などの言回しで使える。

つまり、「あなたならではのエピソード」となるのだ。

面接官の心理がわかり面接に自信が持てる

prude2

この「面接官自身の体験を問う質問」をする時、あなたは「面接官」となる。

そして「面接官体験」をすると、「面接官が更問したくなるポイント」「聞き役に徹する辛さ」など「面接官の心理」がわかってくる。

そうすると、面接の裏事情を理解し、やがて緊張や不安等がなくなっていく。

この面接官の体験を聞くという行為は「会社の品定め」に近い。

その余裕ある姿は、逆質問の時間を自己PRに使う人等よりも、ずっと自信がある様に見える。

ここから、具体的な質問の仕方を説明していく。

具体的な質問例(「面接官自身の体験」の聞き方)

具体的な質問例は、「一番大変だった仕事は何でしょうか?」が有効だ。

なぜなら、大変であればあるほど、苦労・葛藤・工夫・挫折・成功等のエピソードが詰まっていて、会話が発展するからだ。もし、大変というキーワードに抵抗があれば、一番成功、一番感動等でもOKだ。

とにかく、会話の発展を意識する事が重要である。短い会話のキャッチボールを増やす事で、コミュニケーション能力・機転が利くという印象を作れるからだ。

従って、回答がきても「なるほど参考になりました」で終わらせてはいけない。

すぐさま「どの様に解決したのですか?」「結果どの様な力がつきましたか?」「今の業務でも役立ってますか?」等と更問するのだ。まるで面接官の様に一切遠慮は要らない。

なぜなら、そもそも面接は「お互いの見極めの場」であり、あなたが一方的に品定めされる場ではない。もしかすると、あなたが受けている会社は、人生の大半を過ごす場になるかもしれないのだから、当然あなたも「自分の描く人生にふさわしいか否か」を見極める必要がある筈だ。

となれば、社員の一員である面接官を品定めするのは当然だ。

そして実は、面接官の役目は、あなたの能力・適性を見極める事だけではなく「あなたを惹き付ける事」も重要ミッションである(売り手市場なら尚更)。

それは、採用担当が、いくら説明会等でアピールして会社を受験者に売り込んでも、面接官の印象が悪くて受験者が他社に取られたら、努力が水の泡になるからだ。だから、面接官はウラで「惹きつけろ。取られるな」等指示されてたりする。しかし、大半の受験者はこの事を知らずつい遠慮してしまう。

この記事を読んて気づいたあなたは、是非「見極めるつもり」で質問してみよう!

では次に、面接官の体験以外で有効な逆質問を紹介する。

次に有効な逆質問は「自分の将来目標とマッチするか」を聞く手法

次に有効な逆質問は、自己PRも同時にできる「自分の将来目標にふさわしいか聞く」という物だ。理由は以下の通りである。

「将来目標との合致」を聞く理由

「志望度の高さ」をアピールできる

まず、面接官側に、志望度の高さを伝えられる。(「本気で入社を検討している…と)面接官の役目には志望度の確認、聞き出しがある為、本気で検討している素振りを見せる事は重要なのだ。何より、本気で入社する前提であれば自分の人生設計の一部として本気で情報を集め、最終的にこの質問に辿り着く筈だ。

なお、志望度の高さは、内定者を最後に絞り込むフェーズにおいても検討材料とされる可能性があり、評価が均衡している場合、当然ながら志望度が高い人を優先する。だから、アピールしておいた方が得をする。

「将来目標が明確である事」をアピールできる

将来の目標が明確な人は、実はものすごく少ない

面接官をやらないとわからないかもしれないが、少数派の「明確な人」も、目標自体があやふやだったり、目標と達成プランを具体化できている人は少数だ。

そんな中、目標も達成プランも明確な人は、当然高い評価となる。

具体的な質問例(「自分の目標と会社のマッチ」の聞き方)

ここまでの解説をもとに、実際に面接で使える逆質問を、下記にフォーマット化した。「~」の部分はあなたならではの考えをいれよう。

今日すぐ使える質問フォーマット


私の将来設計と御社のマッチ度合を確認する為に質問させて下さい。私は将来~という目標を持っていて、達成に向け~というキャリアプランを考えており、御社の~で達成できるのでは?と仮説を持っています。御社で実際に私の描くプランに近い事を実践している人、又は達成した人はいますか?また、もしまだいないとして、それが実現できる環境でしょうか?●●(●=面接官の名前)さんのご意見も欲しいです。参考にしたい為、お聞かせ下さい。


  1. 「質問する理由」と「自分の考え」を強調!
  2. 自分の仮説と実態がズレていてもOK(「考えている事」が評価される)

マイナス評価につながる質問

minus

ここからはマイナス評価につながる質問を紹介する。

辛辣な言い方をしている為、該当している人は不快かもしれないが、これが現実だ。

実際、あまり酷いと面接の高評価が台無しなんて事もザラにあるので、ぜひ注意して欲しい。

特にありません。大丈夫です

tokuniarimasen

一番ありがちな失敗例がこれ。かっこつけ?遠慮?理由はわからないが…残念ながら「最低評価」である。「興味ないって事?なんで受けたの?」「志望度が低い」「チャンスを無駄にする人」「質問が自分で考えられない人」「コミュニケーション能力が低い人」と評価されてしまう。

HPやパンフでわかる事を聞く

onajisitsumon_nikaime

「特になし」よりマシだが、これも志望度や情報収集能力が低いとみなされる。同時並行で多数の会社を受けていたとしても、本当に入りたいのであれば最低限の企業研究は行う筈。「志望度が低い」「チャンスを無駄にする人」「情報収集力・情報感度が低い」「理解力・記憶力が低い」と評価される。

同じ事を二度聞く

緊張か混乱か、原因はわからないが、面接中の会話で触れた話をもう一度聞いてしまうパターン。「話を聞いていない」「理解力・記憶力が低い」と評価される。余談だが、これは「端的な回答を求められたのに長く話す」等も一緒である。一度で理解できない人に見られる傾向である。

まとめ

  • 「面接官自身の体験」か「将来目標との整合」を聞く
  • できるだけ「更問」する
  • 「調べてもすぐにわからない事」を聞く

この3点をおさえればOK!

おわりに

いかがだっただろうか。ここまで読んだあなたは、少なくとも逆質問で失敗する事はないだろう。あとは実際に聞いてみる勇気と行動力があれば必ず成功する。

是非、志望企業の内定を勝ち取って欲しい。

本記事があなたの役に立ったら、是非まわりの人にシェアして欲しい。

タイトルとURLをコピーしました