【新着記事】志望動機が思いつかない人へ究極アドバイス

【面接官が考案】自己PRネタが無い就活生・転職者が面接で勝つ方法

shukatusei_komatta 面接の裏技

ーはじめにー面接でPRすべき事は「実績」より「伸びしろ」

me1

結論から言うと、採用側は、自己PRは実績(過去)だけでなく伸びしろ(未来)もかなり重視している。

その為、選考の現場では、全国大会優勝の主将が一次面接で落ちたり、何の実績も無い人が内定したり逆転がしばしば発生する。

しかし、就活生・転職者は、採用側の評価軸を知らず面接を受ける為、伸びしろ(=成長余地)をアピールする人も、伸びしろを追求された時の準備ができている人も少ない。

本記事では、その全貌を語り、恐らく就活生・転職者の大多数を占める「自信を持って言える自己PRがなくて困ってる人」に勇気を与えたいと思う。

なお、本記事は、今読んで頂いている「概要編」と細かくネタを磨く「実践編」にわけているので、テクニックを急いでいる人は注意頂きたい。

過去の実績と仕事上の活躍に直接的因果関係は無い

管理人は面接を相当数こなしてきた。「主将として部員を先導し、全国大会優勝に導いた」等の実績を持つ人材も、数多く採用してきた。

しかし、その実績と仕事上の活躍ぶりに直接的な因果関係は無いし、輝かしい実績を見込んで採用したものの、思いの他活躍しないケースも多々ある為、伸びしろの見極めが重要となる。

次に、伸びしろの確認が何によって行われているか?を紐解いていく。

採用側は伸びしろをどの様に見極めているか

伸びしろの確認は「①将来の目標」「②達成に向けた具体的プラン」により行う。

  • 「将来の目標について内容と理由を教えて下さい」
  • 「達成に向けた具体的プランを教えて下さい」

例え、輝かしい実績をもっていても、将来の目標が低かったり、達成にむけたプランを考える力がなければ、成長余地には「?」がつく。

逆に特段実績がなくとも、実績はその要因と共に真摯に受け止め、将来の目標を高く掲げ、達成に向け具体的で綿密なアクションプランを立てる力があったなら、高い評価を得られる。

要するに能力は、開花し顕在化する場合もあれば、開花せず潜在する場合もある。この点を理解している採用側は、伸びしろを見極めようとする。

逆に過去の実績にばかり拘る企業は、中長期的に人材を成長させて活かす戦略ではなく、即戦力短期雇用を前提としている可能性が考えられる。

ラクにライバルと差別化できる

実績で勝負すると、”自称”「主将」「会長」「優勝者」「リーダー」「インターンでトップ成果」「責任者」だらけで差別化は難しい。(本当か定かではないが…)

一方、将来の目標で競うなら、ラクにライバルと差別化できる。なぜか?それは「意外とみんな考えてない」からだ。貴方は自信を持って論理的に答えられるだろうか?答えられるなら、それだけで大手優良企業の面接を勝ち抜ける可能性がある。

ちなみに、管理人は今年2018年も新卒採用面接をつとめ、早慶・旧帝大をボリューム層とした学生数十人と面接したが

20%:✕考えていない/決まってない
50%:✕答えるが抽象的かつ矛盾アリ
20%:△具体的に答えるが矛盾アリ
10%:◎具体的に矛盾なく論理的に回答

という結果だった。現実はそんな物なのである。高学歴でも例年同じである。

質問されなくても使える

この質問は「聞かれなくとも自分から言って良い」物である。なぜなら、全ての行動は「何かの目標を達成する為」の筈なので問題ない。以下に例をあげる。

パターン1:Aさん

学生時代に頑張った事を教えて下さい。

動画制作サークルで提携団体等との調整役を担った事です。
私は学生時代から、社会に出た後、どの業界・職種であっても、将来的には、後輩・関係会社・プロジェクトメンバ等をマネジメントする場面があるだろうとイメージしていました。
その為、「人をコントロールする力」の研鑽・経験を学生時代のうちからしておこうと考えたんです
なるほど。その調整役を担う中での
苦労・工夫・どう乗換えたかを教えて下さい。

~以下略~

パターン2:Bさん

学生時代に頑張った事を教えて下さい。

動画制作サークルで提携団体等との調整役を担った事です。

調整役を担った目的は何だったんですか?
そして、その経験で得た力は、今後どんな時に活かせそうですか?

人と話すのが得意な方だったので担当してました。
今後……えーと、商談や営業で人一倍活かせると思います。

~以下略~

AもBも学生時代の活動は同じだ。あなたが面接官で一人だけ通すとしたら、どちらを通したいだろうか?

「深堀り」に強くなれる

将来の目標を整理した人は、「逆算(~になりたいから、~までに~が必要)」ができる様になり、結果「そのアクションが必要となる理由」を論理的に分解できる。

一方、将来の目標から逆算していない人は、深堀り質問(それ何の為にやったの?何に役立つの?等)に弱く、的外れで納得感がなく、傷をかわすような現実感のない回答になりがち。なぜか?それは将来と自己PRのつながりがイメージできない為に、話の飛躍・矛盾が起こり、面接官側に違和感が生まれるからだ。

違和感は「疑いの更問」を呼び「的外れ回答」を返し、負のスパイラルにハマる。

お薦めの動画

実際の面接をイメージできる動画を1つ紹介する。

就活ファール!【面接#5-3】J大学 谷田くん:思考の順序が逆だね…(究極の面接指南シーズン1)

上記動画は、動画チャンネル「就活ファール!」の企画「究極の面接指南」というシリーズの一つだ。

面接官役の並木裕太氏(元マッキンゼー最年少役員)が、面接演習が終わった学生に「思考が逆だよ。志望理由を一生懸命考えるのでなく、自分のやりたい事にあてはまる会社を受けるんでしょう」というコメントをしている。目標からの逆算をしておくとこうはならない。

おわりに

本記事は以上。役立った人は是非、下のシェアボタンで広めて頂けるとありがたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました